徒然なるままに

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | - | - | posted by スポンサードリンク
    こっそりと、更新。 22:53
    0

      6月から、頑張って更新しようとも、なかなかできないものですな。

      前回が、暗い記事なのだが、落ち込む時間は、あの記事だけで、毎日が時間に追われている状態。


      ここは、私の気持ちを出す所に、なりそう。

      毎日とか、隔週も無理だと気づいた。

      やろう、やろうと思っても、すぐに数日時間が流れる。

      建物立って、引越し終わってからは、何故が前より、パタパタしてる。

      まぁ、それもあり。立場的には、仕方がないのか、仕事があるのは、ありがたい。


      まだ、まだ、やりたい事もやらなければいけない事も、盛りだくさん。それを一つ、一つ終わらせていく。


      休みが、欲しいな〜とか、色々思うが、当分お預け。


      悩んだり、泣きた事もあるけれど、取り敢えず、乗り越える。

      | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
      こっそりと、更新。 22:53
      0

        6月から、頑張って更新しようとも、なかなかできないものですな。

        前回が、暗い記事なのだが、落ち込む時間は、あの記事だけで、毎日が時間に追われている状態。


        ここは、私の気持ちを出す所に、なりそう。

        毎日とか、隔週も無理だと気づいた。

        やろう、やろうと思っても、すぐに数日時間が流れる。

        建物立って、引越し終わってからは、何故が前より、パタパタしてる。

        まぁ、それもあり。立場的には、仕方がないのか、仕事があるのは、ありがたい。


        まだ、まだ、やりたい事もやらなければいけない事も、盛りだくさん。それを一つ、一つ終わらせていく。


        休みが、欲しいな〜とか、色々思うが、当分お預け。


        悩んだり、泣きた事もあるけれど、取り敢えず、乗り越える。

        | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
        普通とか、当たり前? 01:36
        0

          今日の、話は、こどもの産む、産まない話の内容です。色んな意味、考え方、人生観があります。

          苦手な人は、記事読まないでください。

           

          あくまでも。私の思いです。不快に、思われたら、ごめんなさい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          色々と、世の中を生きてきて、普通とか当たり前が、若い頃の方が、普通な事、当たり前って、事が線引きできていたような。

          でも、それは経験が、少ないからこそ、若さもあるのか、線引きできた事なのかと。

           

          年を重ねるたびに、よく分からなくなってきた。色んな経験したり、人と出会ったからなのかな?

           

          昨日、色々とあって、思った。

          私の勝手な意見。

          子供産みたかった。と、また昔の気持ちを思い出した。あまり良いことではないな。

          夫に、自分の子供を抱けた笑顔は、もっと、いい笑顔だろうなって。

           

          私には、今、息子もいる。かなりいいヤツ。優しい、気持ちがかっこいい。男っ前。親バカなんだけど。

          でも、ね。私は、産みの親ではない。育ての親。よくある話。夫が×1子どもがいただけ。今時で言えば、ステップファミリー。

           

          分かって一緒にもなったし、自分の若さもあったのかな、すぐによりはまずは、今いる息子だった。

          いい関係を作ってから、子供と考えていたし、当たり前で、普通に、自分も子供はできると思っていたから。

           

          実際には、息子とも色ん事があった。でも、息子のお友達のお母さん達に、同級生の弟や妹に、とても優しくて相手を

          してくれる話を聞いた。息子も同級生と遊んでいるのに、話を聞くと、その弟や妹と遊んだ話を嬉しそうに話していた。

          その話を聞いて、夫にも話をした。ある程度、時間が経って息子にも、弟と妹のどちらか、欲しいかもきいたら、兄弟ができるならどっちでも、いいと、でも、弟が欲しいと。

           

          その話を聞いて、普通に当たり前に、すぐに子供ができると思ってた。

          でも、現実は三回流産、しかも子宮外妊娠もした。私の中では、子供を作る事が、当たり前の普通ではなかった。

          不妊治療も考えた。でも、私の中では三回も残念結果になってしまったから、縁が なかったと考えた。

          夫は、治療しても、いいし、納得するまで付き合うとも言ってくれた。私がバカなのか、若さ故なのか、あくまでも

          自然の刹那に任せたいのもあったから、まだ、普通に出来るとしつこく、出来ない事認めたくなかった。

           

          年齢を重ねるに、もう自然は無理にだし、不妊治療しなけば産めない年齢になって、産まない選択をした。

          主人は、何も言わなかった。三回の私をみたからこそ、なのか。

           

          ずーと、子供産みたい感情なんて、どっかに置いてきたはずだったのに、ね。

           

          家族3人で、お付き合いをさせて貰ってる若夫婦お子さんが産まれました。息子も夫も、その赤ちゃんを抱っこした時の顔を見て、

          私は 、子供を 産むべきだった と思った。

          あの二人のとても、なんと言えない、新しい命に対しての顔つきが、そう思わせた。

          そして、私も、初めて、赤ちゃん抱っこさせ貰った時に、こんな可愛いなら、自分の子供だったさぞかし、もっと可愛いのだろうと、

          どこかに、置いてきた感情がフッ出てきて、赤ちゃん抱いたら泣いてしまった。

          夫に、私との子供を作れなかった、息子にも兄妹を作れなかった事。

           

           

           

          私にしてみれば、当たり前に、普通に子供ができると思ってたら、できなくて、実は考えて、考え抜いて産まない選択をしたけど、

          それは、産まない選択は、私の中では、それも自分が出した答えだから、そのまま後悔せずに、決断した後は、産まない選択が普通に当たり前に、思えていたのにね。

           

          当たり前とか、普通が余計にわからなくなった。普通ってのはなんだろう、当たり前って何だろ。多数決で多数の答えが普通?

          他の人たちも、疑問もなくやっている事が当たり前?

          私みたいに、自分で出した答えに納得して、生きていこうとする思いが、普通、当たり前?だったと思っていたけど、本当に、よくわかない。

          普通とか当たり前を考えるのが、よくないとは、おもうけど。

           

          実際には、このブログを書くまで、かなり気持ちも落ちていたし、頭の中の気持ちを出していいのかも、考えた。

           

          でも、何か書かないとずっと 眠れないし、気持ちもお落ちているままになるから、吐き出した。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
          いよいよ完成に近づいてきた 13:18
          0

            あと少しで、完成する。本日、壁紙や床などの打ち合わせを。私と皆の場所だけど、私の一任でいいと。

            この先、私がいなくなっても残る物。もしかしたらこの先、私達もお世話になるかもしれない場所。

             

            ここまでくるのに10年。時間はあっと言う間に流れた。気が付けば、もう10年経っていた。仕事のライセンスも更新。

            早い。本当に早い。色々な事があって、乗り越えられた。もちろん、色んな人に助けてもらってここまできた。

             

            どんどん、出来上がっていくのを見ていると本当に此処まで来たんだなーとシミジミする。

            そして、今度はこの場所から切っ掛けになって、人の輪が広がればいいと思う。

             

            取りあえずは、ここでひと段落になるだろう。ひと段落だけど、ここから大きく、大きく育てよう。

            関わる人たちが、笑って過ごせるように、楽しく過ごせるように。

             

            どこまで、出来るかは分からないけれど、出来るだけの事をやろう。時には、悩む事もあるけれど、乗り越えられないものは

            ないはずだから。

             

            | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
            走れる!! 13:55
            0

              エントリーができました。今回は、私も含めてのエントリーだったので。

              本音を言うと実は、今年は難しいかなと思ってよかったので、本当に嬉しいです。

               

              昨年は、走りたい人が全員エントリー出来たが三人しかいない状態だったので、今年は少し賑やかで楽しそうな

              マラソンになりそうな予感。です。

              やはり、走るお友達が多いと楽しいから。あとは、真面目に練習をすれば、いいタイムは残せるはずなので。

               

              色々と勉強もしつつも、先に楽しみがあると、頑張れるような気がする。

              続きを読む >>
              | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
              運だめし。 15:15
              0

                この時期がやってきました。

                毎年この時期になると、マラソンのエントリーがあります。マラソンといっても10kmです。

                 

                でも、この10kmを毎年走れるって事が、私にとっては健康診断です。酷い時には、大会前の練習をなしで走る無謀な事も

                しているけれど。とにかく完走が目的で、タイムは、足切りの時間にならなければOKを言う自分の中では、大甘ですが。

                 

                とにかく、このマラソンに出たいがために、このエントリーが大事なのです。しかし、人気のあるレースなので、少し前からPCの前で

                準備をして、すぐにエンターを押せる状態にしておかないと、数分後には、「応募は締め切りました」となってしまいます。

                 

                昨年は、優先枠なので、PCの前に準備をしなくてもよかったのですが、今年はしっかりとPCの前でスタンバイします。

                なので、本日は移動の時間も含めて、本社に戻ってエントリーになります。もちろん会社にはOKももらっていますので。

                 

                5年位前から、走っている人の楽しそうな話を聞いてから、単純に興味で始めたので周りも毎年続くとは、思っていなかったとおもうけれども、走っている時は、辛いけれどやはり、完走をすると嬉しいものです。それが楽しくて続けられたのかなとは思うけれど。

                走り終わったら、応援してくれた方と一緒に走った仲間と、打ち上げでお酒を飲む楽しさもあるからかな。

                 

                私の運試しは、このマラソンのエントリーなのです。数時間後には結果がでます。どうか今年もエントリーが出来るといいけれど。

                 

                 

                | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
                久しぶりのブログ 15:22
                1
                • dexy
                  2017-06-03 15:15:53

                二年ぶりに、ブログを書く。書こう、書こうと思いながらの、時間はあっと言う間に、流れていってる。

                自分の事や仕事や生活で、時間を作れずにブログを書く事ができなかった。

                 

                書いていない間にも、色々あり、猫の空ちゃんが虹の橋を渡った次の年に、会社の駐車場に生まれて一ヶ月過ぎごろの

                雄猫が。見つけたのは相方だったが、様子を見つつ親猫が迎えに来ないので、今は我が家の子になると共に、私の仕事先の癒し担当になって、皆に愛されてる子になっています。

                 

                自宅にいる、海兵と海は、この新しい猫とは折り合いが悪いために、新しい猫は彼らとは一緒には、生活してません。新しい子は、私の寝室にいます。そして、私と共に出勤という形になりました。

                 

                波乗りは、ここ数年行けていません。行く余裕がなかった。波乗りの時間を作れないの話ではなく、無理でした。

                仕事は、色々と変化がありまして、やっと落ち着きそうです。二年がかりのプロジェクトが、今月末に形になりまして、その後の多少、何かは起こる事を前提に動いている状態。

                 

                ブログを書いてない、二年の間に、必要な免許や資格もとったりとしておりました。今年は、総まとめと言える資格をとらないといけないのですが、勉強漬けもストレスが溜まるので、久しぶりにブログを始めてみようかと。

                 

                こそっと、ね。

                 

                体は、無理をせずにやっております。大病はしておりません。

                 

                精神的には、上下もあるが経験値、場数をかなり踏んだのでだいぶ、たくましくはなりました。

                 

                 

                 

                 

                 

                | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
                お星さまになりました。 17:29
                0
                  久しぶりに書くけれど、新年早々暗い話になりますので、苦手な方は読まないでください。私の記録として書いていこうと
                  思います。









                  我が家には猫が4匹います。全員、元野良猫。うち三匹(陸・海・空@りく・かい・くう)は、相方の仕事先から拾ってきた子。生まれてまだ2週間くらいの子。もう、13歳のお年寄りです。
                  もう1匹(海兵@うみへい)は、同じ所から他の人が拾ったけれど、引っ越しの住宅事情で買えなくなり、成猫になってから我が家にきました。

                  今回は、3匹のうちの1匹のお話。ある時におしっこに血が混じり病院に行くと、結晶があり、それが悪戯をして血尿がでるとの事。病院で注射を打つと血尿がとまったので、あとは様子見との事。
                  その後は、血尿が出たり、出なかったりと蹲ったり、食欲がなくなったので、設備がある程度整った他の病院でレントゲン、エコー検査、血液検査などをしてもらうと体に石があるとの事なので、お薬と療養食で治す方向に。

                  しかし、お薬を飲みだすと待ったく餌を食べなくなったので、腎臓がおかしいかもしれないとの事なので、血液検査。結果、異常なし。しかし、ご飯は食べない。再度、病院へ行き相談と診察をしてもらうと、もしかしたらお薬が合わないかもしれないので、薬はなしで、注射器でご飯を経口摂取することになりました。お薬を抜いて3日後、食事は食べるよになり、少しずつ体力も取り戻した。石が時おり体に障るのか、動くと当たるのか、痛そうにしていましたが、設備の大きな病院では薬が合わないので
                  いつも通っている、最初の病院に行き、石の事を話をして痛みをとる注射を毎日打ってもらうように通う事になりました。

                  ご飯が食べられなかった事もあり、スマートになってしまった、空ちゃん。爪研ぎもフラフラとしていました。しかし、病院に通うようになって元気を取り戻しました。ご飯も食べられるようになった頃、頭をノッキングする仕草と片目に違和感を感じる様に思えたのです。

                  注射の日に、先生に相談をすると、まだはっきりと原因は言えないと。急に、体重が落ちたりしたり、体力がおちたりと色々な事が重なっているからと。このまま元気だった問題がないと。
                  その後、注射も通いましたが、特に目立った症状もなかったので、注射の通院も終わり、猫も元気に室内を駆けずり回るようまで、復活しました。

                  やっとこれで一安心と思っていたのに。また、いつもの猫たちの状態にもどると思っていたのに、ね。

                  空の目の瞬膜が片目だけ、少し、出てくるようになりました。しかし、空は元気。食欲もあり、元気に遊ぶ。ノッキングも出ていない。悩みました。折角、元気になったのに、また、病院へ行くことを。本人もストレスに感じるのではないかと。
                  でも、気になる。いつもの病院に見てもらおうとおもったら、休診日。気になったら、その引っ掛かりをとりたいので、設備の大きな病院へ行ってみてもらう事に。

                  眼圧を図ってもらったり等の検査をしてもらうと、瞬膜の炎症との事で目薬をもらって終了。たいした事ではなさそうなので、
                  取りあえず安心はしていていました。

                  しかし、目薬をしているのに、今度は目が脹れてきた。そして、瞬膜も出てきた。でも、元気。元気。元気。
                  なので、いつもの病院に。すると診断は、眼底に腫瘍があるとの事。

                  目の脹れも、瞬膜も腫瘍が押しているとの事。このまま元気だと問題はないけれど、水も飲めなくくなったら要注意。手術も1つの方法だけれど、眼底なので、片目はなくなること。それでも腫瘍が取れるか分からない事。
                  脹れを抑えるために、注射をすることに。

                  注射をすると目の腫れが治まる。年の瀬だけれども、Drも休診日でも注射をしてくれた。だた、1/1~1/4まではお休みだから、少しお薬の量を多めに打ってもらった。また、来年の朝一に行くことを約束して。

                  お正月、家族皆と猫も元気でのんびりと過ごしていた。1/2は、猫が代わり替わりで、お膝にのってきて抱っこをせがむ。もちろん空も。ご飯もしっかり他の子も餌をとるくらい。
                  1/3の夜から、少し対象が悪そうな感じ。昼はご飯を食べたが、夜はご飯も食べなくなった。猫、皆が寝るお布団でじっとしている。水は飲んでいた。時折、椅子に座って他の猫とも、一緒に寝る。夜中まで起きていただが、大きな変化はなかった。
                  その後、1/5の2:00に息を引き取る。


                  途中、救急病院も考えたが、車で1時間の距離があるので、車の振動に耐えらえるのか?等を考えて取りやめに。まさか、水をのめなかったら、要注意とは言われていただが、こんなに早いものとは思わなかった。目の症状がハッキリと出てからは、2週間もありませんでした。
                  目薬をやる時は、嫌で、全力で逃げるくらい体力もあったのに・・・・・。まさか、腫瘍だとは思ってもいませんでした。

                  手術も考えたけれど、高齢の為に麻酔の時点で危険もあるし、腫瘍が取れきれない事があると、やはりリスクが大きいようがして、外科の積極的な治療は考えていませんでした。腫瘍を聞いた時は、まずは、目の脹れを引かせてから、その他の治療を先生を相談しながら方向性を考えていました。
                  病気の件では、設備の大きな病院も、いつも通っている病院もとても丁寧に対応をして頂いので本当に、ありがたいと思っています。1/5には、いつもの病院に注射を打ちに行く予定でしたので、お空になった事を伝えると、とても驚いていました。こんなに早く急変するとは、思ってないようでしたから。

                  人の考えは、様々なので私の対応が間違っていると思う方もいるとは思います。でも、相方と話し合った結果は高齢もあるし、
                  ともかく、腫瘍と言われた時点では、痛みがないようにしてもらえる方向が最終方向でした。
                  注射はとにかく、腫れを引かせるのが目的でした。その後様子を見ながら治療方針を決めてく段階でしたが、病魔が思ったよりも進行が早かったみたいです。

                  拾った時から一番小さく100g無い子でした。体温も低く相方がお腹の上に乗せて、寝返りもしない状態で体を温めた子でした。一番、やんちゃで体が小さいのに海平にチョッカイをだいして、喧嘩もしていました。でも、甘えたさんで、必ず膝に乗ってきて、大人になってもフミフミする子でした。
                  今回まで大病はしない子で、病院知らずの子でした。しかし、病院はがんばりました。設備の整った病院では、初めて行ったのですが、ここまで大人しい子はいないとほめられました。

                  本当に、かわいい、かわいい、いい子でした。

                  我が家の子になったからには言っていました。尻尾が割れるくらいに、化け猫になるくらいに長生きするようにと。

                  今回、一匹残念さんになってしまいました。

                  明日、本当にお別れです。焼き場にいきます。それまでは、一番お気に入りの場所にいます。箱に入っています。箱に入って
                  いる時は、他の子は見に来ませんが、焼き場までの期間があるので傷まないように、垂れないように、チェックと交換をするときには、箱からだします。他の子が寄ってきます。たぶん、わかるのだと思います。

                  ご飯を食べる時の掛け声が、「陸、海、空、海兵、ご飯だよ~」が、今は「陸、海、海平」になっているのは頭では、分かっているのに、やっぱり呼んじゃいます。4匹一緒にご飯食べてる姿がもう、見れません。3匹しかいません。
                  空が他のご飯も食べちゃうので、注意をする事も日課でしたが、それもありません。

                  空の食べていた療養食がまだ、余っています。

                  一匹いないだけで、なんでこんなにも寂しいのだろう。
                  他の子が、必要以上に甘えてきます。普段あまり膝に乗らない海平が、乗ってくる。空がいなくなってから、陸が出窓に向かって夜になると鳴くようになった。海は、箱から出した時から箱に戻すまで必ず、最後まで見守ります。

                  皆、1匹欠けたことわかっているんだろうね。母ちゃんは寂しいです。泣いてはいけないんだろうけど、やはり涙は出てきます。

                  明日は、お天気になるといいです。空ちゃんのお見送りですから。

                  唯一良かったこと。息子が大学で地方にいって中々帰れない中、お正月で帰省できたので、家族皆でみとれたこと。お別れも
                  出来たこと。

                  猫は、私が猫アレルギーなので、子供の頃は飼えませんでした。初めて飼った猫なのでした。アレルギーは、どうやら根性で治ったのか寛解なのかもしれません。まだ、体が疲れている時は、猫を触った手で目をこするとひどい状態にはなりますが。

                  初めて飼った猫がこの子たちでよかったと心からおもいます。
                  | ネコ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
                  疲れた 00:35
                  0
                    たまには、泣き言いいよね。ちょっと、疲れた。たまには、休みが欲しい。用事が、ないと休めない。
                    そんな感じが、もう数年。
                    たまには、 ゆっくり休みたい。


                    ちょっと、疲れた。なかなか眠れないから、軽い薬飲んでも寝れないし。
                    お酒の後に、飲んだのがいけないのも、分かってる。
                    たまには、形だけの休みじゃなくて、本当の休みがほしーな。
                    | 日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
                    ここ2週間ちょい。北海道旅行とか 16:09
                    0
                      行ってきました。北海道。6/8〜6/10
                      朝6時台の飛行機で旭川空港へ。

                      旭川から美瑛駅まで息子をピックUP。その後富良野にプリンのみを食べに。その後旭川に戻って動物園のルートで
                      観光が始まります。

                      もともと、観光MAPなどは、ほとんど見ません。今回の一番はプリン。相方がTVを見て是非、北海道に行くならと。
                      息子との待ち合わせ時間もだいぶ時間があるので、レンタカーで美瑛駅までの道のりを調べてから、周りを散策。

                      看板に「ケンとメリーの道」とありまして行ってみるとスカイライン(車)のCMで使われた道がありまして、その近くには
                      軽食が取れる所があったので、そこで少し休憩。景色がきれいな場所で、もちろんクラシックなスカイラインもありました。
                      なかなか素敵な所でしたよ。そして近くにマイルドセブンの木がありました。これもCMで使われた場所でしたが、個人的な
                      好みとしては「道の」が雄大さがあっていいなぁーと。

                      他には特にないので美瑛駅お隣の道の駅へ。お店をぐるぐるみて北海道限定の「いろはす」のハスカップを飲みながら、相方はジャガイモチェロスを食べて息子を待ちつつのんびりと。

                      少しすると着いたとの連絡があり車でロータリーまで。息子も朝が早く、前日も色々とやっていたらしくほぼ寝ていないとの事。目的地に着くまでは、たぶんウトウトと船漕ぎそうです。富良野までは、ナビを入れてのんびりと。

                      やはり分かっていたけれど、北海道は広いです。本当に。ナビでも直線が何十キロ先右方向としか出ないので、ほぼまっすぐ。
                      信号もない、人もいない。あるのはまっすぐの道と緑でした。
                      プリンの場所はすごかった。ほぼ何もない所に一軒だけの小さな建物。製造されている場所へいったのだけれど、なんか昔の
                      アニメに出てきそうな感じ風景。もちろん、その場で1kgのプリンを3人で頂きました。HPでは8人前と書いてありましたが、腹ペコの私たちは完食。今までプリンとは違います。これを食べるだけでも北海道に来たかいがありました。
                      プリンの詳細。(エゾアムプリン

                      で、お次に旭川動物園。やはり旭川に来たらここでしょう!! 14時過ぎについたので全部回れるか心配でしたので、入り口にいらした職員さんにお話を伺うとすべて回れるとの事、お勧めを聞くと新しくできたカバがいいと。カバはこの時間から活発になるので、カバ厩舎から出てくると思いますよ。それとアザラシのモグモグタイムがあると。

                      なのでさっそくカバ。大きい。ここの動物園が有名になったのは、行動展示で有名ですので見ていても本当に楽しいしのです。
                      ここまで近くで見れるのかと思うくらい色々なアングルからみられるのが嬉しい。その後キリン-ダチョウ-アザラシ-ライオン-トラ-シロクマ-クマ-アライグマ-オオカミ−シカ-チンパンジー−ペンギン-クジャク-を見て終了。一つ、一つをじっくりとみてしまったのですべては見えませんでした。大人が行っても楽しめる動物園でした。

                      お次お宿がある上川郡まで移動です旭川動物園からは近いのです。初日なので、のんびりをゆっくりと体を休めました。温泉もあるのですが。一番驚いたのはドクターフィッシュがいた事とコース料理が運ばれてくる時間がかなり早い。8品を1時間で終わらせる速さ。もう少し1品、1品時間をかけて味わいたかった気持ちがありました。

                      二日目は、ほぼ移動時間がメインと相方の趣味の目的地が多いので少し省略。丸瀬布まで移動。100km移動します。しかし、発見しちゃいました。日本酒男山で有名な酒造、木綿屋男山本家男山株式会社さん。一階が試飲ができて、二階に博物館と言うか、昔の日本酒を作るための道具も展示してあるので見ていてとても楽しかった。私的には2階がメインだった。なぜなら、いつ相方が疲れて、運転交代になるのかわからないので飲むつもりは全くなかった。

                      が、相方の代わりにお土産の日本酒何がいいのか、代わりに試飲。到着時刻がAM9:30。なんかすごい事になっております。時間が早かったので、試飲の場所には人がおらず、相方の言われるままに試飲、試飲。相方と日本酒の好みが似ているのがまずかった。所詮、お猪口と行っても数種類飲めば利きます、何せ朝から酒ってのは経験ないので。味も混ざると困るのでお水をもらおうとおもったら、入り口の所に力水があるので頂きつつ、ほぼ利き酒状態。説明も丁寧にして頂き、とてもお勉強にもなりました。

                      贅沢なんですよ、本当に。しかしっ、しかしっ、何種類も飲むとね〜中には古酒もありますし。5〜6種類頂きました。その中でも合う、合わないもあります。しかしそこからまた、指令が出た。ここの酒造でしか手に入らない日本酒があり、それなグラス1杯でお猪口じゃないの。飲み比べに普通の男山もグラスで。これば有料になりますが、お酒を注いでくれるお嬢さんに、試飲で飲んでいるからナミナミでなくていいですと言ってもそこは、酒造さん、コップに並々注いで頂きました。お残しのできないし、つまみもないのでゆっくりと飲んでいると、他の女性が雷おこしのようなお菓子をくださいました。これがまたおいしい。そして、やっと杯をあけました。

                      で、息子は未成年で来年までは飲めませんので私が一人で飲み休んでいる間に、相方は会社関係やいつもお世話になっている方に、買っていきました。次の目的地までの移動は、助手席についいつもの癖で座ったから、睡魔との戦いでした。(ちなみに助手席に座っている時は、運転者が誰であっても私は寝ないようにしているので、運転者に失礼になるから。)
                      その後は、相方の趣味なので割愛。宿は、西興部の村でした。村いいですよ〜。のんびりとして。しかしそのお宿には、珍しい食べ物があります。ジビエラーメン(鹿肉=ジビエ)と獣系の缶詰(ジビエ・熊)と松茸焼酎。もちろん、ラーメンは頂きました。クセがあるかと思ったら、まったくクセは感じなかったです。お値段、少し高めというか、ここでのお値段でしょうか。

                      松茸焼酎は、前回、北海道に来た時に買いに行けずに、発送をしてもらったので。今回はお店まで行きました。と行っても酒造さんではなく販売店さんに。機会があったら飲んで頂けたらと思います。松茸焼酎「夢」

                      最終日三日目
                      西興部村から網走までの移動です。かなりの移動距離。息子を網走まで送って女満別空港まで。移動距離が長いので前日に、通過点の紋別の市のHPを見て観光地を探すといい所発見!!オホーツクとっかりセンター。
                      本日の運転は私。とっかりセンターまでの道のり。北海道での運転は初めてなので、走行時速は60km〜80kmをキープでのんびりと。しかし、運転していて楽しい。やはり、他の車がいる時はスピードを合わせるが基本は安全運転。
                       道がまっすぐなので、ついアクセル踏みたくなるが、事故も怖いのでのんびりと。で、驚きの話。運転している車の後方のアウディがいる。息子が今回は助手席なんだけれど、息子が一言「アウディ気を付けて、警察かもしれないと」なんと、北海道の覆面はアウディもいるらしい。もちろん、そんなに飛ばさないし、途中でハザード出して停車せいて抜いてもらいましたが、今回の覆面ではなかった。

                      とっかりセンター到着。小さな、小さな施設だったけれど内容は満載。HPではアザラシに触れると書いてあったけれど、観光客が私たち3人。アザラシの所に行くと飼育員の女性がすでにご飯をあげていたので、もう触れないのかな思いつつ、見ていたら
                      今は、雌に餌をあげているので11時30分になったら、エサあげますとの事。エサばしょは、柵があるので入れないので、どうやって触れるのか気になっていました。時間までは、手作りのポスターやクイズをやったり、アザラシのちびっこを見たりと過ごしているとあっという間に時間がたってしまいまいた。

                      時間になると、先ほどの柵まで行ったらなんと、手を洗ってから柵の中へ。するとご飯を分かったアザラシが飼育員の女性の所に。指定の場所に私たちがいると目の前にアザラシ。手を伸ばせば触れる。アザラシの自己紹介から始まって、なぜ、口を開けたり、お腹を見せる芸を仕込むのか説明。今回はオスのアザラシ。健康チェックの為にお腹や口をみせるのだけれど、職員が一匹ずつ、お腹を見て回ると大変な労力=体重が重い等の理由で、芸を教えてまとめてチェックを出来るようにするとの事。

                      皆、飼育員さんが声をかけると「あーん」とお口をあけ、ゴロンをお腹を見せる。かわぇぇ。ご飯を食べる。個体差によって飲み込むのが年齢に関係なく遅い子もいるようで見ているととても癒される。自己主張する子もいて、エサの時にブフォーを大きな声を出す子。もう、この近距離で見ていても飽きない。ずっと見ていたい。

                      お食事も終わり、待ちにまったアザラシとのふれあい。注意事項は簡単だけ。頭は触らない。おじいちゃんアザラシのフキフキに注意二点だけ。フキフキとはおじいちゃんアザラシは、よだれが出るがそれを観光客の洋服などでぬぐってしまう事もあるらしいとの。ふれあいは、本当に自由に触れます。お気に入りの子がいれば、その子を触っていてもいいし、色々な子を触りたければ、触っていいし。抜け毛の子がいたので触ってみました。もちろん毛が手につきますが、ゴワゴワはしていませんでした。
                      体は、タプタプ、ぷよぷよしていて気持ちが良かったです。想像通りでした。

                      個人的なクセなのですが、どうも私は生き物には無意識で声をかけるクセがあるようで、またそのクセが出たらしく触っているあいだも。声を掛けていたらしい。タプタプしたお腹を触りながら話かけていたら、なぜかアザラシが一斉に数匹寄ってきた。
                      相方。息子は、なんか集まってきたねーなんて話していた時、私に対して1匹が顔を近づける。少しよけると飼育員の女性が、ほっぺにチューしようよとしているのよと。
                      もちろん、その後すぐにほっぺにチューしてもらいました。生臭い感じはそんなにありませんでした。まぁ、ご飯を食べたばかりなので多少の魚のにおいはしましたが、問題なし。十分堪能して触れ合いはおわりました。
                      終了後、畳半畳くらいのお土産コーナーがあるのですが、そこでお土産を買うとアザラシの為の募金ができるそうなので、小さなんアザラシのぬいぐるみをかいました。好きなものを買えて、寄付ができるのはうれしいですね。
                      なんと滞在時間が1時間以上。こういっては申し訳ないが、施設の大きさを見るととてもじゃないが、すぐに飽きてしまうのかとおもっていたら、触れ合いまでの時間も展示物やアザラシをみてすぐに時間がたった。入場料200円は安っ。
                      オホーツクとっかりセンター


                      その後は、オホーツク海岸に降りて写真撮ったり、道の駅に向かったり、カニを買ったお店で磯焼きでカキやホタテを自分たちで焼いたりとゆっくり時間をすごしました。基本、お魚屋さんなのに、猫がいて話を聞いたら住み着いたのでそのままで、磯焼きのお客さんからおこぼれをもらうんだとか。

                      今回の観光は、場所もよかったけれど、ちょっとお話をした方、人がとても良い方ばかりで本当に楽しかったです。楽しかったです。とっかりセンターはまた必ず行きたい場所決定。個人的意見ですが。

                       
                      | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by Dexy
                      | 1/58 | >>